プラークの基礎知識

プラーク調節という言葉は、TVなどを通じてよく耳慣れた言葉だと考えています。

「それじゃあ、プラークとは何でしょうか?」

とお聞きすると、ほとんどの方が明確にとはわかっていらっしゃいません。

細菌のコロニー(集合体)の事をプラークと言います。
およそ500-700種類にものぼる細菌が人の口中にいることが理解されています。

プラーク自体は、薄いオブラートの膜のような物で歯の表面に張り付いていて、目で見ることができません。
目で見ることの出来る歯垢(しこう)は食べカスとプラークがまざった物です。

虫歯と歯周病の原因のところで触れたように、このプラークこそが病気の源であり、これをハブラシなどでこすって掃除すことが予防になります。

プラークをすっかり取り除いたからといって、口の中から細菌がいなくなったことを意味しているわけではないのです。
ただ、病原性が無くなっただけで、時間(それに要する時間が24時間)と一緒にプラークが再度形成されます。

それに、歯肉炎は磨くのをやめてから、3~4日で起きることも理解されています。

汚れているところは、プラークを赤く染色する薬で、真っ赤に染まっていますが、それ以外のところ青の円で囲んだところは、汚れがくっ付いているようには見えません。

ここはプラークだけがついていたところです。前述のように、プラーク自体は、薄いオブラートの膜のような物で、肉眼では確認出来ないのです。

線状菌や球菌、桿菌といった多彩な形の細菌が集合しているのがわかります。

右端の写真は線状菌に多くの球菌が接合したコーンコブと話されているものです。

これは成熟したプラークによく見られます。

歯肉炎上、プラークに一番多く見られる菌は連鎖球菌で、その中でも一番有名な虫歯の要因は菌ミュータンス菌です。

寝ている間は唾液量が非常に微量なので、歯の再石灰化の働きが進まないため、口中の中性の具合を保持することができなくなるのです。
このところ歯周病の大元を退けることや、原因菌に汚染された範囲を洗浄することで、組織の新しい再生が実現できるような治療の方法が出来上がりました。
唾液自体は、口のなかの掃除役と言われるくらいに大切ですが、それそのものが少なくなるのですから、口腔内の臭いがひどくなるのは、自然なことだと思われます。
プラークコントロールと言えば、歯ブラシでの歯磨きを想像することの方が大多数だと推量しますが、他にも豊富なプラークコントロールの活躍が存在するのです。
例え成人になったとしても永久歯はむし歯になりますが、乳歯はその構成上、永久歯に比べて耐酸性が劣るため、歯みがきを続けないと、乳歯に巣食った虫歯はあっけなく悪化してしまいます。

セラミックの治療と言いますが、多様な材料と種類が存在しますので、お世話になっている歯科医師とじっくり相談して、自分の歯に向いている治療法を絞り込みましょう。
仕事や病気などによって、疲労がたまって体力が著しく低下したり、栄養のバランスの悪い食事が長く続いたりすると、不健全なシチュエーションになってしまうと口内炎を起こしやすくなってしまうようです。
患者への情報の開示と、患者が下した自己選択を大切にすれば、それに応じるだけの道義的責任がたとえ医者であっても激しく負わされるのです。
今流行のインプラントとは、歯肉の見えない部分に存在する顎の骨に、チタンで作られた人工歯根を埋めて、その上に人造歯を動かないように固定する治療方法です。
一般的な歯の噛みあわせは、時間をかけて咀嚼する事で上顎と下顎の歯が摩耗し、人それぞれの顎の骨の形や顎にふさわしい、特有の快適な歯の噛みあわせができあがります。

一般的に見れば医者が多いと、きっちりと患者さんを診察してくれそうなイメージがありますが、逆にそういう施設は流れ作業として、患者さんに治療を施す場所も実在します。
ニオイを気にして、洗浄液やガムなどをよく使っているのならば、歯垢を取り去る対策を真っ先に開始してください。あの不愉快な口内のニオイが減ってくるはずです。
唾液量の減少、歯周病はもちろんのこと、入れ歯を使うことが原因で生じる口の臭いなど、加齢と口の臭いの関わり具合には、この上なく膨大な引き金が考えられます。
歯周組織復活のために、エムドゲイン治療の採択はすごく効力を持つ技術なのですが、それでさえ、満点の再生の作用を獲得するとは限らないのです。
外科処置を行う口腔外科とは、ムシ歯や歯槽膿漏あるいは義歯の治療だけにとどまらず、口腔内で発症してしまう種々雑多な障害に強い診療科目です。