前歯のすき間をなくす審美歯科「ラミネートべニア治療」

く削り、セラミックやハイブリッドセラミックスで出来た薄片(シェル:つけ爪のようなもの)を貼り付けて、歯の色を白くしたり、すき間を無くすために行う治療をラミネートべニア治療といいます。

セラミッククラウン(同じ治療として行う)に比較して、本当の歯を削る量が少なく、治療回数(治療期間)も少なく、治療コストも押さえることができます。

主として前歯の歯並びが割合にいい方で、満足のいく結果(ホワイトニング)が得られなかった方や、歯と歯のすき間をなくしたい方に適合した治療の仕方です。

■ハイブリッドセラミックス

セラミックの硬さとレジン(樹脂)の粘り強さを持った素材の薄片を歯の表面に張り付けます。この際、歯を出来る限り削らないでします。

オールセラミックよりは治療コストは抑えられますが、少し強度が劣るのと、個人の生活習慣により色が変わることが見られます。FDA認可のホワイトニング先進国アメリカの最新の「本来の」ホワイトニング薬剤を使用しているのは東京・表参道のホワイトニング専門クリニックホワイトマイスターです。

■オールセラミック

出来る限り歯を削る必要もなく、全てセラミックで作られたシェル(薄片)を歯の表面に張り付けます。

ハイブリッドセラミックスとの相違は強度に優れていることと、長期間使用しても変色せず、本当の歯に近い、生き生きした白い輝きある美しい歯を保ちます。

■口元の種類と特徴

審美歯科の出発点。あなたが望むお口元には、4種類の形式が見られます。
初めはイメージアップから始めましょう。

▲ クローズ型の歯並び

クローズ型
女性らしさを優先した歯列デザインスタイル。現代的な美人の口元はこのクローズ型に匹敵するでしょう。

女性らしさを強調したい方におすすめ
より若々しく、顔全体から受ける口元の印象がより魅力的にに

▲ スマイルライン型の歯並び

スマイルライン型
女の子のキュートで可愛らしい口元を作る歯列デザインスタイル。
とりわけ笑った時の口元のラインに沿った歯並びが印象的です。

▲ ナチュラル型の歯並び

ナチュラル型
ナチュラルな美しさ年齢を問わない普通の歯列デザインスタイル。
一番清楚で綺麗な歯並びのナチュラル型です。

▲ ストレート型の歯並び

ストレート型
欧米人の様にアトラクティブな口元を強調した歯列デザインスタイル。
モデル、歌手の様に個性を出したい人向けの型です。

歯の美化を中心に据えているので、噛みあわせの状態などをあいまいにしていた問題が、あちこちから周知されているのが事実です。
歯のクリーニングを受けるのは、歯周病の菌の増えるのを封じ込める効果的なケアであると、科学的にも証明され、ただ単純に爽快というだけではないそうです。
シリジェット(無針注射器)と様々なデンタルレーザー治療器を取り入れて治療する事で、ムシ歯も口内炎も、苦痛を伴う痛みを滅多に味わわなくて済む治療を行うことが可能なのです。
いまや医療技術の開発が成長し、驚くことに針のない無針注射器のシリジェットや様々なレーザー治療器を使う事により、大分痛みを軽くできる「無痛治療」というカテゴリーが実用化されています。
保持は、美容歯科に関する施術が全うされ満足な出来映えであったとしても、横着せずにその後も継続しないと治療を始める前の状態に帰してしまいます。

カリソルブという薬は、簡単に説明すれば「科学によって虫歯の患部だけを集中して溶かすお薬」です。その時、虫歯以外の歯のエリアには全然害のない便利な治療薬です。
つい最近では歯周病の元凶を退けることや、大元となる菌に汚染された範囲を清潔にすることによって、組織の新しい再生がみられるような治療の技術が考え出されました。
病気や仕事などによって、疲労が溜まり体力が著しく衰えたり、栄養バランスの偏った食事がずっと続く等で、健康とはいえないシチュエーションになってしまうと口内炎を発症しやすくなってしまうのです。
上の親知らずは下と比較して、麻酔の効力が強くなるため、抜歯の瞬間も鈍痛が伴うといった事例が少なく、痛みを避けたい人だったとしても手術は比較的容易に行われます。
慣れない入れ歯に対する負の心情や偏見は、自分自身の歯牙で噛んだときとのギャップを比べるために、どんどん増大してしまうと察します。

残念ながら日本は予防については後進国と言われており、欧米人と比べても、日本人の歯の寿命が縮まっていく一方です。元から予防全般における問題意識が異なるのでしょう。
仮歯が入ると、容姿がナチュラルな感じで、会話や食事においてもまごつきません。更に仮歯があることによって、まだ処置の終わっていない歯がダメージを受けたり、歯列が曲がってしまったりすることが全然ないのです。
嫌な口のニオイを気にして、洗浄液やガムなどを頻繁に利用しているのだとすれば、歯垢を排除する対策をまずは始めてみましょう。嫌なニオイが和らいでくるはずです。
歯科医師による訪問歯科診療のケースは、該当処置が完了した後も口の中をケアしに、定期的に幾度か担当の歯科衛生士たちが、訪問する事が頻繁にあるのです。
酷い口臭をそのままにしておくと、周りの人への良くない影響はもとより、自分の精神衛生的にも無視できない重圧になる恐れがあります。